« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

08GW山梨旅行(2日目)

■南アルプス芦安山岳館

白雲荘のすぐ下に南アルプス芦安山岳館があります。南アルプス林道や森林軌道,山のパネル展示があります。

Dsc00930

南アルプス芦安山岳館 山梨県南アルプス市芦安芦倉1570

■昇仙峡

昇仙峡ロープウエイで,パノラマ台まで上がってみました。甲府盆地や富士山の一部が見えました。富士山は雲がなければさぞきれいだったと思います。

Dsc00934 Dsc00935

昇仙峡の遊歩道を歩いて,仙娥滝,覚円峰を見ました。仙娥滝は,滝から発生する霧状の水分で,周囲よりも気温が低く気持ちが良かったです。

Dsc00939 Dsc00945 Dsc00947

昇仙峡観光協会

■サントリー 白州工場

小淵沢ICを経由しサントリー白州工場へ。小淵沢ICを降りてから,R20号に出るまで山の上から随分と下ります。白州工場はの様子は下記に。

http://kumakuma.way-nifty.com/tool/2008/05/post_aeba.htm

その後,甲府市内にもどり,本日宿泊の古奈屋ホテルにチェックイン。夕食は,外に食べに行きました。

■l葡萄屋

酒屋さんの経営している洋食屋さんです。店内の雰囲気は,洋食屋というより,洋風居酒屋という感じです。地元のワインの種類も多く手軽に頂くことができます。ただ,禁煙や分煙されていませんので,状況によっては苦手な方もいるかもしれません。料理は鳥レバのマスタード和えが印象に残っています。お値段もワイン2本空けて,1万円でしたので,リーズナブルでした。

Img_1887 Img_1888

Img_1889 Img_1890 Img_1891 Img_1892

Img_1893 Img_1894

Img_1895 Img_1896

葡萄屋 山梨県甲府市丸の内2-29-2 ワインズ新富屋 2F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和さとう

母の日に食べに行った地元の和食屋さん。

Img_1930 Img_1931 Img_1932 Img_1933

Img_1934 Img_1935 Img_1936 Img_1937

Img_1938

料理は5,250円のコースでした。

和さとう 

ふじみ野市市沢2丁目8-17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー 白州蒸留所

北杜市にあるサントリー白州蒸留所を見学しました。駐車場に車を止め,入館受付を行います。このときにドライバーは,『ハンドルキーパー』というカードをもらい,係員が間違ってアルコールを勧めないように首からかけて見学します。入場受付完了後,赤松が茂る遊歩道を気持ちよく歩いて,レストラン,博物館のあるエリアに移動します。

とりあえず,工場見学のコースを予約します。大きく分けるとウイスキー蒸留所見学と南アルプス天然水のボトリング行程があります。やはりここは,ウイスキー蒸留コースを予約し記念品を頂き,待ち時間で食事をするため写真右のレストラン『ホワイトテラス』へ。

Dsc00949 Dsc00950

写真左は,限定40食,富士桜ポークのストロガノフ(1,180円),右はタンドリーチキンのカレー(1,000円)です。カレーにはウイスキー風味のレーズンがついています。富士桜ポークのストロガノフは肉も軟らかく美味しかったです。

Img_1873 Img_1874

水は,『南アルプス天然水』を無料でついでいただきました。まぁ工場の下に売るほどあるわけですが,何となく得した気分です。

Img_1871

食事も終了し,見学スタートです。

大麦麦芽を仕込み,発酵させ,蒸留を2回行うそうです。蒸留が1回のものは焼酎になるそうです。

Dsc00953 Dsc00954 Dsc00955 Dsc00956

蒸留の次は,ウイスキーの貯蔵庫の見学です。貯蔵庫内無数の樽(カスクとも言うらしい)が並んでおり,自動倉庫のような感じでした。中はひんやりとしていて,温度変化は少ないそうです。ウイスキーは樽の中で熟成を重ねるのですが,周囲の森林に住む菌,樽の香り,温度の変化と合わさり一つとして同じ味のものはできないそうです。また,25年も経過すると樽内のウイスキー量は半分程度に減ってしまうそうです。貯蔵庫内は写真撮影禁止でしたので写真なしです。

次は,樽の再生工場です。樽も長年使用していると熟成させる力が弱くなるので,樽の内面を焼くことにより,樽を再生するそうです。この作業を『リチャー』と呼ぶそうです。下の写真左は,職人さんが樽に火を加えているところです。写真右は,燃えさかる樽に手で持っている柄杓1杯の水で,樽の火を消すところ。この後一瞬で火が消え,見学者からは拍手喝采が・・・。いやー本当にすごかった。

Dsc00958 Dsc00964

見学終了後は,お楽しみの試飲ですが,ハンドルキーパーの私は『なっちゃん』で我慢。また,有料になりますが,滅多に飲めないようなお酒も気軽な値段で試飲ができます。今度は電車でこようかなぁ。下の写真は,ウイスキー博物館とヤマナシの木。楽しい工場見学でした。

Dsc00952

Dsc00951

というわけで,お土産に白州12年,カスクから作ったマドラーを購入。GW期間中は写真左のこだわりのウイスキーグラス(500円)が2個サービスになるそうです。写真右のグラスは,見学の記念品です。どちらも製造会社は旭硝子でした。

Img_19182_2 Img_19192 Img_19202

サントリー白州蒸留所 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08GW山梨旅行(1日目)

近場でのんびりということで,妻と山梨で2泊3日の旅行に出かけました。一日目は,圏央道→中央道→河口湖→西湖→本栖湖→身延→奈良田→芦安温泉というルートでした。前日からの雨の残る中の出発でしたが,本栖湖を抜け,道の駅しもべで休憩する頃には,すっかり雨も上がり,快晴になりました。

■ゆばの里

国道52号線沿いにある湯葉をテーマにした施設です。食事処も併設されお昼に湯葉の定食をいただきました。身延では身延山の僧侶の大切な栄養源として伝わってきたそうです。左は『あげゆば御膳』,右は『ゆばづくし』両方とも1200円でした。

Img_1834 Img_1833

湯葉の里

山梨県南巨摩郡身延町相又425-1 営業時間 午前9:30~午後6:00(食事どころは11時から)

■奈良田の里温泉

昔ながらの原風景といった早川沿の県道37号線を進み,『にっぽんの温泉百選』にも選ばれている西山温泉慶雲館を過ぎしばらく行くと,奈良田の集落があります。慶雲館にも一度泊まってみたいものですが,今日の目的は奈良田の里温泉。奈良田の里温泉は,内湯だけの温泉ですが,雰囲気の良い温泉でした。

奈良田の里温泉 山梨県南巨摩郡早川町奈良田486 営業時間:午前9時~午後7時まで(冬期は午後6時まで)

その後,南アルプス街道を北上するも奈良田第一発電所以北が閉鎖されていたので引き返し,国道52号線を北上して,本日のお宿の芦安温泉峡 白雲荘へ。

■白雲荘

地図で見ると芦安温泉峡の中程にありますが,結構坂を上ったところにあります。当日は,私たちと,もう一家族とツーリングの団体で一杯でした。建物は古いですが,部屋の掃除は行き届いています。洗面,トイレ,お風呂は部屋の外です。部屋のテレビは100円式で,予め部屋に用意されている100円を使って視聴します。

お風呂は,市営の芦安温泉からポンプアップしたもの常時源泉を投入しながら加熱,循環しています。泉質はアルカリ性単純泉です。下のライオンの口からぬるめの源泉が常に投入されたいます。当日は女性の宿泊客が少なかったせいか,女性風呂を家族風呂として使わせていただきました。

Img_1841 Img_1839

夕食は,鰻の蒲焼き,きゃらぶき,虹鱒の刺身,岩魚の草香むし,煮物,アスパラ・タラの芽・こしあぶら等の天ぷら,小うどん,牛肉の陶板焼き,吸い物,フルーツと量も多く,美味しく頂きました。食事の準備は基本的に宿のお母さんが一人で行っているようでうどんと,お吸い物以外は,最初に並んでいます。

Img_1845 Img_1846 Img_1847 Img_1857_2 Img_1849 Img_1850 Img_1852 Img_1858_2 Img_1853_2 Img_1848_2

あと,ビールと地酒の夜叉神(純米大吟醸の辛口)をいただきました。

Img_1856 Img_1855

朝食も,鮭も身が厚く美味しかったです。

Img_1859 

季節にはハイキングや登山の方も宿泊されるせいか,夕食,朝食も量が多く美味しかったです。この内容で,HPを見て予約をすると,一泊二食付きで8400円+入湯税150円となり,お値うちな内容でした。

Dsc00927

白雲荘 山梨県南アルプス市芦安芦倉1578

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良田の里温泉

奈良田の里温泉は,女性の孝謙天皇が入ったと伝わる温泉です。南アルプス街道を早川沿いに上り,西山ダムを越えて奈良田集落に入ります。街道沿いの外良寺の駐車場に車を止めて,徒歩で5分ぐらい上ったところに奈良田の里温泉があります。

西山ダムのある奈良田湖

Dsc00924

外良寺の桜を見ながら坂を上ったとことろに,奈良田の里温泉があります。それにしても良い天気です。

Dsc00925 Dsc00920 Dsc00921 Dsc00919

受付で500円を支払い,廊下をあがってお風呂の入り口にたどり着きます。休憩所を使用する場合は入浴料込みで1500円となります。脱衣所は脱衣篭だけですので,貴重品は,受付のところにある100円リターン式のロッカーに入れます。

Img_1836

Img_1835

お風呂は,内湯のみで,10人ぐらい入れる湯船と6人ぐらい入れる湯船がが2つ。泉質は,ナトリュウム-塩化物 炭酸水素塩泉,湧出量は毎分40Lの自噴,温度は42度で,源泉掛け流しで使用しているようです。温度はぬるめで,長くゆっくり入れます。また,少しですが細かい泡が肌にまとわりついていました。お客さんも結構多く,一人になる機会がなかったので中の写真は撮りませんでした。下の写真は,浴室の外観です。

Dsc00918

奈良田の里温泉

山梨県南巨摩郡早川町奈良田486

営業時間:午前9時~午後7時まで(冬期は午後6時まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »