« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

すずやか

たまにおやつを買って帰ります。今日は,和菓子にしてみました。
ゼリーの中に3つの葛饅頭が入っています。冷やして食べると爽やかで美味しいです。左が梅の葛饅頭,右が,抹茶の葛饅頭です。
Img_1107

すずやか ¥315円
長生殿本舗 森八 西武池袋店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンのロールケーキ

出張の帰りに,エキュート大宮でメロンのロールケーキを買いました。表面が少しクリスプ状になっており,中には細長いメロンが数本ケーキに入っています。味も甘すぎず良い感じで,メロン好きな私としては,GOODです。
Img_1106

BUZZSEARCH エキュート大宮店

あと,妻が果物を食べたいといっていたのを思いだし,同じエキュート大宮のハナフルで,フルーツのシロップ漬けを買いました。シロップもしつこくなく,果物の食感もあり,美味しかったです。岡山のくだもの店の出店だそうで,銀座プランタンにもお店があるようです。初めて買ったお店ですがお気に入りになりそうです。
写真を撮る前にお腹に収まってしまったので,写真なしでスミマセン。

apple_ibookさんのブログに銀座の模様が紹介されております。
http://luna.exblog.jp/3070340/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルルカン(ARLEQUIN)

本郷三丁目交差点近くのお店です。なんでも,皇太子妃殿下が学生時代によく訪れていたお店のようです。女性のお客さんが多いのですが,料理のボリュームも結構あります。味は,比較的濃い目の味付けかと思います。今日は,シチューとカレーのダブルプレート(¥1050円)です。
Hi360047

アルルカン(ARLEQUIN)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山黒部アルペンルート(3日目)

【3日目】
奈月(黒部峡谷鉄道)→鐘釣(黒部峡谷鉄道)→宇奈月(富山地方鉄道)→新魚津・魚津(北陸本線)→越後湯沢(上越新幹線)→大宮 という行程です。

黒部峡谷鉄道駅
Img_1073

黒部川電気記念館前のL型工事用電気機関車
Img_1074

宇奈月温泉方面を望みます。
Dsc00396

宇奈月ダム
Dsc00325

新柳河原発電所,デザインが中世のお城のようです。
Dsc00386

Dsc00322

後曳橋,高さ60m,長さ64m入山者があまりの谷の深さに後ろに引き下がったことからついた名前だそうです。
Dsc00336

鐘釣の万年雪
Dsc00354

鐘釣展望台から川原を望みます。
Dsc00355

冬季保守用のトンネル,発電所は下流の指令所から遠隔操作で制御されています。線路が雪に閉ざされている冬季,発電所に何かあった場合にこの線路脇のトンネルで駆けつけます。
Dsc00371

欅平より先の黒部上部軌道に行く,列車を連結しています。観光は欅平までですが,黒四ダムへの物資搬入のための鉄道がその先きに続いています。いつか行ってみたいです。
Dsc00353

黒部上部軌道は,関西電力の見学会に参加すると乗れるようです。以下のHPに体験記がございます。
黒部上部軌道を行く

宇奈月駅近くの「河鹿」で釜飯の昼食です。お味噌汁は茗荷の味噌汁で久しぶりに飲みました。
Img_1102

魚津の尾崎蒲鉾で購入した蒲鉾です。左は,表面は昆布巻きで,中はチーズ,右はあなごが乗っています。美味しかったです。
Img_1105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山黒部アルペンルート(2日目)

【2日目】
室堂(高原バス)→美女平(ケーブルカー)→立山駅(富山地方鉄道)→宇奈月
という行程です。

■室堂(朝5時~6時頃)
朝早起きして写真を撮りました。標高が高く,大きな木が育たないため,木々のざわめきもなく全くの無音の世界です。不思議な感覚でした。

奥大日岳,剣御前方面
Dsc00227

大汝山,雄山方面
Dsc00233

みくりが池
Dsc00234

奥大日岳,剣御前方面
Dsc00243

大汝山,雄山方面
Dsc00246

富山県立山センターで実施している自然観察ツアー(室堂平観察ミニツアー)に参加しました。旅行先でガイドさんをお願いできる場合は,できるだけお願いしています。自分たちで見て回るのもいいのですが,その土地の方のお話を交えながら見ると,景色も膨らみ,楽しめるからです。今回も無料のガイドツアーがあってラッキーでした。立山の歴史,高山植物の名前の由来,雷鳥の生態など(雷鳥さんにはお目にかかれませんでしたが・・・),実物を目の前に解説をしていただき,とても面白く楽しかったです。ただ,他の観光客の方にあまり知られていないせいか,参加者が私たちのみでした。穴場だと思いますので,もし訪ねる機会がありましたら,利用をお薦めします。
コースは,4コースあり,9時,13時の1日2回開催(季節により開催は異なるようです。)

浄土山方面
Dsc00249

浄土山,国見岳方面
Dsc00252


Dsc00253


Dsc00260

みくりが池
Dsc00267

Dsc00271

光ごけ
Dsc00275

Dsc00276

Dsc00278

チングルマ
Dsc00280

日本たんぽぽ
Dsc00285

トリカブト
Dsc00298

立山玉殿の清水
トンネル掘削時に湧き出た清水を引いているそうです。この清水は,ホテルにも使われていて,部屋のユニットバスの水もとても美味しかったです。
Dsc00299


高原バスで美女平へ向かいます。途中,称名滝という日本で一番大きな滝が車窓右手に見えます。運転手さんも徐行してくれます。

■美女平(標高977m)
Dsc00300
ケーブルカーで,立山駅に向かいます。

■立山駅(標高175m)
このケーブルカーは貨物つきのケーブルカーです。
Dsc00305

立山駅から,富山地方鉄道にのり宇奈月温泉に向かいます。直通の特急もあるのですが,時間が合わず各駅停車で行きました。
Dsc00306

寺田駅で乗り換え。駅舎がクラシックな感じです。
Dsc00311

立山駅には,もう一つのトロッコがあります。国土交通省北陸地方整備局が所有する砂防工事用の軌道があります。全線18kmにスイッチバックが42段,18段連続のスイッチバックもあるそうです。工事用なので観光客は乗車できませんが,体験乗車と立山カルデラ砂防体験学習会で7月から10月まで月3~4回行われています。(事前応募制)
http://www.tateyamasabo.jp/index.html

■宇奈月温泉駅
Img_1072

宇奈月温泉の共同湯,足湯はこちらをご覧ください。

■宇奈月ニューオータニ(泊)
ホテルの敷地が広いです。他のホテルの敷地と比べてもかなり広そうです。大人4人で宿泊したのですが,8畳2間で,ゆったりと寝れました。温泉は,複数の源泉の混合泉で共同浴場のものと同じかもしれません。
Img_1084

<夕食>
Img_1085

Img_1086

Img_1088

Img_1090

Img_1091

Img_1092

<朝食はバイキング>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇奈月温泉

■共同浴場
宇奈月温泉駅(富山地方鉄道)からすぐのところにある共同浴場です。温泉会館に同居しています。下足箱に履物をいれ,番台の女性の方に250円を渡し入湯します。中には脱衣籠しかありませんので,貴重品は靴と一緒に下足箱に入れます。浴槽内に誰もいなかったので,番台の方に断り浴槽を撮りました。写真奥から熱い源泉が投入されています。宇奈月温泉は,上流にある黒薙温泉からの引き湯で,いくつかの源泉の混合泉となっています。単純泉で浴感は,サラットしたよく温まるお湯でした。
Img_1071

Img_1081

■足湯いっぷく(温泉会館近く)
Img_1079

■足湯おもかげ
Img_1077


| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山黒部アルペンルート(1日目)

立山黒部アルペンルートに行ってきました。

■1日目
大宮駅(長野新幹線)→長野駅(特急バス)→扇沢(関電トロリーバス)→黒部ダム(徒歩)→黒部湖(ケーブルカー)→黒部平(ロープウエイ)→大観峰(トロリーバス)→室堂
■2日目
室堂(高原バス)→美女平(ケーブルカー)→立山駅(富山地方鉄道)→宇奈月
■3日目
宇奈月(黒部峡谷鉄道)→鐘釣(黒部峡谷鉄道)→宇奈月(富山地方鉄道)→新魚津・魚津(北陸本線)→越後湯沢(上越新幹線)→大宮

というコースでした。
(写真は基本的にDSC-R1で撮影しました。宿の食事等一部は,IXY DIGITAL50です。)

立山黒部アルペンルート オフィシャルサイト

今回の旅行は,旅行会社の個人旅行プランなので扇沢駅で,乗車券に引き換えます。扇沢発の時間だけは発券時に決められてしまうようです。あとは,各駅で券面右下にあるバーコードをスキャンし乗降を管理しているようです。また,混雑時には,各乗車駅で,次の駅での乗車整理券を渡されます。あと,ホテル立山にチェックイン時に立山~黒部湖間のフリー乗車券(片道の乗車券がある場合のみ有効のようです。有効期間は5日間)をいただきました。
Img_1103

Img_1104

【1日目】
大宮(長野新幹線)→長野駅(特急バス)→扇沢(関電トロリーバス)→黒部ダム(徒歩)→黒部湖(ケーブルカー)→黒部平(ロープウエイ)→大観峰(トロリーバス)→室堂

■長野駅(標高約350m)10:40発
長野駅東口から,扇沢に向けて出発します。当日は20名程度の乗客でした。
Dsc00140

■扇沢駅(標高1433m) 12:30頃着 13:00発
扇沢に到着です。駐車場は満杯,沿道には駐車場に入れなかった車が多数路駐していました。マイカーで来る場合は早めの到着が必須のようです。
Dsc00141
関電トロリーバス待ちです。
Dsc00142

■黒部ダム(標高1470m) 13:18頃着
黒部ダムに到着です。トンネル内で乗降します。他にも網の目のようにトンネルがあります。
黒部ダムへのアクセスは,トロリーバスの他に黒部上部軌道によるアクセスがありますが,こちらは関西電力専用です。(応募による見学コースあり)
Dsc00149

Dsc00151

見事な放水で圧巻です。発電は地下で行われているので,観光用の放水だったりします。
Dsc00160

Dsc00178

Dsc00167

黒部ダムカレー(¥1000円)。レストハウスのカレーですが,結構スパイシーで美味しかったです。こちらは決壊させながら食べます。
Dsc00166

■黒部湖駅(標高1455m) 14:45頃発
黒部湖駅もダムを渡った地下にあります。
Dsc00180

斜度31度のケーブルカー。写真で見るよりも急な坂です。
Dsc00182

ぐんぐん上っていきます。
Dsc00187

■黒部平(標高1828m) 14:55頃着 15:15頃発
黒部平展望台から,黒部湖が一望できます。
Dsc00191
大観峰に向かってロープウエイが伸びています。
Dsc00193

■大観峰(標高2316m)15:20頃着 16:00頃発
Dsc00196

■室堂(2450m)16:10頃着
立山(雄山)の下を通り,室堂へ。
Dsc00198

Dsc00214

奥大日岳と剣御前
Dsc00208

■ホテル立山(泊)
ホテルでは,立山の四季に解説を交えたスライド上映などがありました。その後展望台から星を観察しました。天の川もはっきり見えました。
(夕食)
Img_1050

Img_1052

Img_1053

Img_1054

Img_1055

Img_1056

(朝食はバイキング)

スライド上映会の様子です。
Img_1057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-R1による星空撮影

室堂で星空を撮影しました。機材は,DSC-R1,レリーズ,三脚を使用しました。
2006年8月15日20時頃で,天気は満点の星空でした。夕食に飲んだビールの酔いが心地よく,涼しい風に吹かれながら撮影しました。しかし,新しいカメラで使い慣れていないことと,気圧が低くすっかり酔いが回っていたせいか,マニュアルのTIME撮影をすっかり忘れており,シャッタースピード優先撮影のみになっています。TIME撮影では最大3分間撮影できるので,もう少し星を多く取れたのでないかと思います。残念。

ISO160 シャッタースピード30秒です。
Dsc00223_1
レンズ焦点距離 : 14.3mm
シャッタースピード : 30秒
露出プログラム : シャッタースピード優先
絞り値 : F2.8
露出補正 : +-0EV
ISO : 400

Dsc00224_1
レンズ焦点距離 : 14.3mm
シャッタースピード : 30秒
露出プログラム : シャッタースピード優先
絞り値 : F2.8
露出補正 : +-0EV
ISO : 400

ISO3200 シャッタースピード8秒です。ノイズがかなりのっています。
Dsc00225_1
レンズ焦点距離 : 14.3mm
シャッタースピード : 8秒
露出プログラム : シャッタースピード優先
絞り値 : F2.8
露出補正 : +-0EV
ISO : 3200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都幾川四季彩館

パンフレットのキャッチコピーにあるとおり,三波渓谷沿いの小さな温泉です。ロッカールームは男女共通,脱衣所は別々になっています。脱衣所を抜けると,木製のこじんまりとした内湯があり,外に露天があります。洗い場のカランは4つあり,人数が多いときには混雑しそうです。お湯の使い方は,加温,加水,循環,消毒ありと表示されていたのですが,塩素臭は感じられませんでした。ぬるめのお湯が常時注がれているので,それなりに源泉が投入されているのかも知れません。入った感じですが,柔らかく,チョットぬめりのあるお湯でした。温泉分析表を見ると,ときがわ町の温泉スタンドの湯を使用しているようです。
(木の風呂と石の風呂があり,1週間ごとに男女入れ替えだそうです。)
Img_1032

入館時に足袋をいただきました。どうもサービス中のようです。
Img_1033

館内には食事どころはなく,そのかわりお弁当類が販売されています。うどん弁当(400円)を食べました。
Img_1031


都幾川四季彩館
ナトリウム-塩化物温泉
800円(祝祭日,特別日は3時間制限)
午前10時~午後8時
ときがわ町大字別所556-1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

はーべすと 池袋店

メトロポリタンプラザ8階にある自然食のお店です。バイキング形式,1980円です。各種お惣菜から,デザート,ジュース類まで上記金額に含まれます。アルコール類は別メニューで,ハートランドビール(麒麟)600円をオーダーしました。パンフレットには,食材の安全性と,化学調味料や合成添加物の不使用が謳われています。お味も美味しく,品数も豊富でした,鱧の揚げ物,牛蒡スライスをかりっと揚げたものがおつまみに最適でした。当初,結構待つかなと思ったのですが,店内も,外から見るより奥行きがあり,そんなに待たずに入れました。
Hi360046

はーべすと 自然食バイキング
豊島区西池袋1-11-1
メトロポリタンプラザ8階
営業時間 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ他

妻と夕食をすることにしていたので,ビックカメラで時間調整していました。部屋で聞くiPod用のスピーカの展示を見に行ったのですが,お目当ての製品はありませんでした。そのうち場所を取らないで気軽に聞けるiPodスピーカーがあれば買いたいと思っています。

以前から,災害時でも携帯電話に充電もできる手回しラジオが欲しいと,言っていたのを思い出し,購入しました。あまり聞いたことのないメーカーからも出ていたのですが,奇をてらったものが多く実用性に疑問符がついていたので,良かったと思います。

手回しで充電されている場合,緑色のランプが点灯するので充電ハンドルを回す目安になります。手回しは軽くはありませんが,1分程度では苦にならないトルクです。
手回し1分(120回転/分)で,FMラジオ 40分,AMラジオ 60分,ライト 15分,携帯通話 3分,携帯待ちうけ 90分 の使用が可能です。背面の切り替えスイッチで,乾電池(単4 2本)でもラジオ,ライト,携帯充電の使用が可能です。
Img_1027


Img_1030

SONY ICF-B01
ビックカメラ 池袋店 ¥5,980(P10%)

下は,もう一つ買ってしまったおまけ。
Img_1028
トミカ 三菱 i
東武百貨店 池袋店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小江戸はつかり温泉2

再訪してみました,前回は「ざぶーんの湯」でしたが今回は,「さらさらの湯」でした。湯船は,こちらの方が大きそうで,全体的に開放感があるように感じました。また,岩盤浴(400円)も体験しました。25分間ですが,結構汗をかきます。
http://kumakuma.way-nifty.com/tool/cat3509850/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ロデオボーイ2

妻の実家に行ったところ家に見慣れぬ機械がありました。どうも1日15分乗ればいいらしいです。ということで早速試乗しました。モードは1~4まであり,1で揺れるよりもモード4の方が揺れは激しいですが,リズムがとりやすいです。
Dsc00139

ロデオボーイ2
http://www.daito-thrive.co.jp/catalog/FD011_catalog_0606.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青木屋のコロッケパン

荒川区南千住にある有名なお店です。看板には,「ホッカホッカのジャンボパン」とあるように,歩道に面した厨房で,揚げたてのコロッケやメンチをさっと挟んで,提供しています。
Dsc00133r

値段は,コロッケパン240円,メンチ270円と少し高いようにも感じますが,このボリュームに納得です。コロッケもホクホクとおいしく,また,パンもほんのり甘い,昔ながらのパンでした。(写真はメンチ)
Dsc00136
訪れたのは,午後2時半ぐらいの昼下がりで,近くのベンチで食べているそばから,自転車や歩きで買いに来るご近所の方でしょうか,引っ切り無しに売れていました。

ハムカツパン 220円,コロッケパン 240円,メンチパン 270円,とんかつパン270円

青木屋
荒川区南千住6-47-14
7:00~18:00(売り切れ時閉店)日曜日休み
http://www.arakawa-unet.jp/issue/saihakken/0403/aokiya.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壷屋の壷最中

江戸寛永年間創業の老舗の和菓子屋さんです。その昔上方からのお店が多かった時代に,江戸の町民が初めて出した和菓子屋さんだそうです。あの勝海舟もご贔屓だったそうです。

Img_1026

壷屋總本店
文京区本郷3-42-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »