« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

小江戸はつかり温泉

R254バイパス(川越富士見有料道路)沿いに建設中の温泉施設です。「蔵の湯」の系列のようです。本日新聞に入っていた折込の求人広告を見ると7月上旬頃の開業のようです。HPの「よくある質問」を見ると他の施設よりも少し高めになるようです。どんな施設になるのか、温泉の質や使い方も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブ進化論

読んでいて面白かったです。要約すると
・いままで個人の頭で認識していた事柄や関係性をネット上のサーバーに置くことで他者に開放する。
・開放された情報や他のサイトとのリンク関係について、Google等が情報を収集し、関係性を把握し、加工することにより、他者は検索エンジンを通して情報にアクセスすることができるようになる。
・収集した情報を利用しやすくすし開放することにより、ビジネスチャンスが生まれる。

「情報革命は、筋肉もエネルギーも供給しない。供給するのは神経系である。」と著者は書いています。
リアルな社会との結びつきでは、Googleの売上高は直近で約5000億円、その大半は広告収入だそうです。また世界広告市場は、35兆~40兆円ということですから、その金額シェアは1.25%~1.43%となります。

今後もGoogleのシェアは増加していくものと思われますが、こうした広告からの影響よりも、私たちにとって影響が大きいのは、情報や他者の思いに触れて人々の行動が変わることなのかもしれません。リアルな社会に生きる私たちですから、最後は人間の選択が大切ではないかとあらためて思いました。

ウェブ進化論 梅田望夫 著 ちくま新書¥740円(+税)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A GiRL in SUMMER

ユーミンのCDを買いました。学生時代に良く聴いていたもので、今でも新譜がでるとついつい買ってしまいます。
最近のCMやメディアでは、JR東日本のモバイルSuica、三菱自動車、iのCM、ハウス北海道シチュー等のCMソングが入っています。
いつも購入しているCDショップの同い年のオーナーさんは、「原点回帰してますよ」とのコメントでした。
全体的な印象は、昔よりもしっとりとした上質な感じでしょうか。個人的には「海に来て」がお気に入りです。

Img_0971


| | コメント (0) | トラックバック (0)

匯(くわい)

いつもはお弁当を買って、社内で食べることが多いのですが、今日は外でランチでした。社内評では、さっくりと揚がった地鶏の唐揚げが評判のお店ですが、お刺身も中々です。鮪以外は富山湾の契約漁師からの直送でお刺身の品数も多く量も十分です。
Ca310039

刺身定食 ¥980円
匯(くわい)
都営地下鉄大江戸線
春日通り方面出口出口横のビル2階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西伊豆と駿河湾の旅(3日目)

さて、いよいよ旅行も最終日です。
藤枝→三保の松原→由比→自宅
今日は帰るだけなので、のんびりとしたコースです。

■久能山 いちご園
安倍川を渡り、駿河湾沿いに久能街道(R150)を進みます。久能山の斜面を利用したいちご畑が並んでいます。
弟夫妻に送ろうかと思ったのですが、この時期は傷みやすいためにNG。自宅と両親用に購入。「章姫」という品種で一番高いものでも一パック500円でした。大粒で甘くて美味しかったです。
Img_0948

■三保の松原
社会の教科書で見たことのある三保の松原です。砂浜に松並木が続いています。あいにく富士山は、見れなかったのですが、見えればさぞ綺麗でしょう。
羽衣の松
Img_0952

晴れていれば写真の真中に富士山が・・・
Img_0954

■由比 桜海老のかき揚げ
そして、お昼は由比の名物桜海老のかき揚げです。旅番組等で見るたびに食べてみたいと思っていたのです。桜海老料理のお店は有名なお店がいくつかあるのですが、漁協直営の「浜のかきあげや」に行きました。

お味は、ほんのり甘い海老の味とサクサクとした食感で美味しかったです。
お昼時のせいか、30分くらい並びました。
Img_0957

漁協の方がひたすら揚げます。
Img_0961

お味噌汁にも、桜海老が入っています。
Img_0960

浜のかき揚げや
静岡県庵原郡由比町今宿字浜1068-2
(国道1号線沿い)
かき揚げ丼¥550円(2枚入り)
味噌汁¥100円
かき揚¥200円(1枚)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西伊豆と駿河湾の旅(2日目)

西伊豆と駿河湾の旅(2日目)

堂ヶ島→大沢荘露天風呂→松崎→藤枝のルートです。

■堂ヶ島
せっかく訪問したのですが、風と波が強く遊覧船に乗れませんでした。残念。
Img_0881

遊覧船に乗るとこの穴の下から、上をのぞくことになります。
Img_0882

■大沢荘露天風呂
詳細は、「大沢荘露天風呂」をクリックしてください。

■松崎
松崎は、伊豆の長八と呼ばれた左官職人の生誕地として有名です。最近では「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地としても有名になりました。ロケ地の風景はこちらの方のHPが充実しています。
http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/specialspot/tvlocation/sekaiai/sekainochushindeaiosakebu.htm

カメラを下げて街中をあるいていたら、中学生達に挨拶をされました。初めての街で、こういう体験は爽やかで気持ち良いですね。きっと自分たちの街が好きなんでしょう。
Img_0904

Img_0906_2


松崎で人気のお蕎麦屋さんです。12時30分ごろに行ったのですが、すでにお蕎麦が終わりでした。
Img_0896_1
小邨(こむら) 松崎町伏倉43

というわけで、お昼は伊豆の長八美術館に併設されているレストランでいただきました。
海老ドリアセット、桜葉アイスはオプション。
海老も多く美味しかったです。桜葉アイスは、塩アイスのような味でした。
_1_2

■岩科学校
甲府の旧睦沢学校、松本の旧開智学校につぐ日本で3番目に古い学校(明治13年完成)だそうです。
Img_0909

Img_0912

■志太温泉 潮生館
明治20年創業の老舗旅館です。建物は、国の登録文化財に登録されており、レトロな感じが漂い風情があります。室内は、最近リニューアルしたらしく、綺麗でトイレもウォシュレットになっています。
夕食は懐石料理で、質・量とも十分なものでした。

_1_3

Img_0943

Img_0940

Img_0944_1

温泉に入る仕組みが少々変わっています。帳場に電話し、空いていればすぐに入れますが、他のお客が使用中の場合は、後ほど折り返しの電話がきます。おそらく、家族や部屋単位でゆっくり入って欲しいという宿の配慮と思われます。温泉の内容についてはこちらをクリックしてください。

静岡県藤枝市志太600-2-2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

志太温泉 潮生館

明治20年創業の老舗旅館です。
周囲には、藤枝バイパスもありますが、時折蛙の声が聞こえるほどひっそりとしています。
料金表をみると宿泊とお昼・入浴を組み合わせたものしかないので、入浴のみは難しいかもしれません。

湧出温度が、19.1度の冷鉱泉のため熱交換器で暖めて供給しているそうです。お湯は少しエメラルドグリーンがかったお湯で、泉質はナトリウム-塩化物冷鉱泉です。
成分合計は13,390mg/kgでかなり濃い温泉です。この源泉を、加温掛け流しで加水なく使用しています。
湯船にも水道の蛇口はなく、温度調整は湯もみ板で行います。塩化物泉ですが湯上りもサラッとしていてよくあったまります。
源泉の投入量は多くはありませんが、10室の小規模な旅館なので十分なのかもしれません。

Img_0945

Img_0935

Img_0927

Img_0947

志太温泉 潮生館
住所:静岡県藤枝市志太600-2-2
泉質:ナトリウム-塩化物冷鉱泉
泉温:19.1度

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大沢荘 露天風呂

松崎町から県道15号線を下田方面へ向います。道の駅三聖苑を過ぎて左の集落の方に入りしばらく川沿いに進むと川の向こうに露天風呂があります。駐車場は手前200mにあり、小さな看板がかかっています。
橋を渡った建物が広間でその奥に露天風呂があり、以前は混浴でしたが、今は男女別になっています。
お湯は無色透明で臭いもほとんどありません。湯温は少し熱めで、男女の仕切り板の底から供給され掛け流されています。

Img_0890

Img_0892

大沢荘 露天風呂
営業時間:7:00~20:00
住所:静岡県賀茂郡松崎町大沢445
料金:500円
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
泉温:47.3度


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西伊豆と駿河湾の旅(1日目)

西伊豆と駿河湾の旅(1日目)

今年のGWは、西伊豆と駿河湾の旅行です。
もともと西伊豆のみを考えていたのですが、距離的にも近いので由比の桜海老も食べてきました。

1日目は、自宅→首都高→東名高速→沼津・修善寺→土肥のルートです。

■修善寺 虹の郷
花とイギリス・カナダの町並みと小さな鉄道のあるテーマパークです。行ったときにはしゃくなげが見ごろでした。藤棚はもう少し後が見ごろのようです。その他にも、様々な花木があり、季節ごとに楽しめそうです。

Img_0832

Img_0843

Img_0855


■土肥温泉 元湯温泉
土肥にある共同浴場で、町中の公民館があるような場所に立っています。

マンダリーネ(泊)
ご夫婦で経営されている小さなペンションです。
ペンションに初めて泊まったのですが、ご夫婦の感じも良く、気持ちよくすごせました。
Img_0863

オーシャンビューで駿河湾が一望できます。
Img_0876

お風呂は、露天風呂と室内風呂が2つ室内は24時間入浴可能で、大人4人でも十分入れる広さです。利用者が中からカギをかけるシステムなので家族でゆっくり入れます。
Img_0874

夕食は、味・量とも十分な内容で、別注文しておいた鮑の踊り焼きも、肉厚で焼く前に逃げ出すほど新鮮でした。
あと、酒類や自家製の手作り果実酒が充実しています。

夕食
_1

朝食
_1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土肥温泉 元湯温泉

土肥にある共同湯で、この他に馬場温泉楠の湯、屋形共同浴場、弁天の湯があります。

入り口を入って右手にある清涼飲料用の自動販売機で入場缶(?)を購入し、番台のおじさんに渡します。
早速浴室に入り、掛け湯をしてソロリと入ります。温度は少し高めで長湯は難しいです。
お湯は無色透明でさらっとした感じのお湯です。
泉質等は温泉分析表が、女性入り口の扉に隠れていたので確認していません。
下記のサイトによると混合泉のようです。
http://www.toi-onsen.com/toi_gaido_book/onsenno_kounou/onsenno_kounou.htm
Img_0859
Img_0860

営業時間 12時~22時(定休日水曜日)
住所    静岡県田方郡土肥町土肥中村
入湯料   300円
駐車場   敷地内の児童公園と共有
コインロッカー、アメニティ等はなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトル小岩井

今日のお昼は、リトル小岩井のサンドウィッチ。
ついつい3つも買ってしまった・・・
左からハムチーズ、バリュー、コンビーフの計600円
コンビーフは、コンビーフとキャベツをあえたもので、具材のボリュームは満点です。
Ca310037

東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル地下2階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺創房 無敵家

池袋のジュンク堂書店の前にあるラーメン屋さん。いつも結構人が並んでいます。
醤油とんこつ味の豪快麺980円。
チャーシューが厚くておいしかったです。
Ca310036

東京都豊島区南池袋1-17-1 崎本ビル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »