« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

センター試験

関東地方は、雪です。
センター試験の頃は雪が降ることが多いように記憶しています。
私の勤務先のある駅には、大きな大学があるのですが、
駅一面、ネスレのキットカット受験生応援キャンペーンで桜に包まれています。
受験生それぞれに、桜が咲くといいですね。
雪に負けずに、受験生頑張れ。

060115_12190001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜なべ 中江

桜なべで有名な中江に行ってきました。
義父の希望でしたが、さっぱりしていておいしかったです。

中江は、明治38年創業の老舗で、ちょうど創業100年だそうです。
IMG_0720

写真右隣は、てんぷらで有名な土手の伊勢屋です。
もともと吉原に来た客向けのお店だったようで、戦火を逃れて昔の佇まいを残しています。
まず初めに、中へ入って驚いたのが、下足番のおじさんがいたことです。
仲居さんが履物を預かってくれるところはありますが、下足番専任のおじさんがいるのは初めてで、
時代小説に出てきそうです。

料理はコース料理を頼みました。
主な内容は、馬刺し、ユッケ、馬刺し握り、桜なべなどでした。
IMG_0722
ユッケ。

IMG_0723
馬刺しの握り寿司。

IMG_0724
桜なべ。

IMG_0725
「あと御飯」。なべの後に御飯と溶き玉子、わけぎを入れて雑炊はよく行いますが、
「あと御飯」では、桜なべの残った汁に、出し汁、醤油、溶き玉子を入れて、半熟になりかける前に火をとめ、
余熱で半熟にしていきます。この玉子を御飯の上にかけて食べるのですが、これがまたおいしいのです。
底が薄いなべで、玉子をかき集めるので、なんとなく、見た目がもんじゃぽくもあります。

IMG_0726
最後は、アイスで〆です。サツマイモのアイスでおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きぬの湯

茨城県水海道にあるきぬの湯に行ってきました。
住宅等のある造成された一角にあります。

IMG_0717


きぬの湯 公式ホームページ
泉質  ナトリウム-塩化物泉
泉温  36.6度
湧出量 229L/分 (以上公式HPより)

内湯、壷湯は加温掛け流しの模様。
露天は、オーバーフローしていないので、循環ではないかと思われます。また、若干塩素臭がします。
純粋にお湯を楽しめるのは、内湯でしょうか。
湯上りのスペースが狭いのと料金1200円は少し高い印象です。
全体的な雰囲気は悪くないのですが、
ホームページで、掛け流しを大きく謳っていたので少しがっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナディアンファーム

アウトランダーで初ドライブ。
長野県原村にあるカナディアンファームでランチをしてきました。
IMG_0708
ラン丸で、到着するもファームはシーンと静まり返っています。
もしや・・・や休みか・・・。
車から降りて、中を伺いに行くと、どてらを着た気さくなおじさんが、出てきました。
来意を告げると、「どうぞやってますよ」と中に入れてくれました。
小屋の中は、蒔きストーブが赤々と燃え、暖かです。
帰宅後改めてHPをみるとその方が、ファームのオナーのハセヤンという方のようです。
自給自足なので、基本的に年中無休のようですね。
その後、もう一組ご夫婦がいらっしゃっていました。

IMG_0702
蒔きストーブが赤々と燃えています。


IMG_0703
りんごの入ったサラダ。野菜もおいしいです。

IMG_0704
酸味のきいたパンと、ハーブ入りのバター。
布に包まれてホカホカでした。

IMG_0705
スープ。

IMG_0706
メインは、鹿のビール煮です。

HPには年中無休と表記していますが、正月2日からやっているかちょっと不安でしたが、
やっていました。2006年始めてのお客だそうです。

鹿は農作物を荒らすため、長野県でも駆除期間を定め一定数が駆除されています。今までは、駆除したものは廃棄処分されていましたが、今後は狩猟時期や食肉としての市場性も加味し、コントロールする方向になるようです。お話を伺うと、なかなか色々な意見がありすんなりとは、まとまらないようですが・・・。
ちなみに、野生の鳥獣肉をジビエ(gibier)というらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »