« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

ダッチオーブン

先日購入した、ダッチオーブンのシーズニングをしました。
ダッチオーブンは、SnowPeekの和鉄ダッチオーブン28(SC-420)。
ポット、スキレット、リッド(蓋)の構成で、
ポットの大きさは、直径27.5cm(約11インチ)、高さ11.5cmです。
IMG_0674
上のロッジのたわしは、購入時のおまけです。
IMG_0676

さて、このダッチオーブン、使うためにはシーズニングという作業が必要です。
何分、初めて行うのでうまくいくかな・・・

説明書によると
1.まず、軽く洗って火に掛けて水分を飛ばします。
2.さらに加熱し、防錆のためについているワックスを燃焼させます。
このとき、煙が出るとの説明なのですが、かすかに見える程度なので、匂いで判断しました。
(換気に注意!)
3.ダッチオーブンがかなり熱くなっているので、しばらくおいて自然にさまします。
4.中性洗剤で汚れを洗い落とします。
5.再び加熱し、水分を飛ばし食物オイルを塗っていきます。オイルの白い煙が出切ればOKのようです。
我が家では、ピュアオリーブオイルを使用しました。薄く何回かに分けて塗っていくのコツのようです。

IMG_0678

ポット、スキレットは、割とよくできたと思うのですが、
リッド(蓋)は、油断をしてしまいオイルがたくさんかかってしまったところが斑になってます。

キャンプ用の皮手袋で作業したのですが、
かなり熱い場面もあったので、やはりダッチ用の手袋を使ったほうが良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジキッチン

2005/9/18(SUN)
浅草の仲見世通り裏にある洋食屋さん「フジキッチン」で食事をしました。
ビーフシチューで有名なお店だそうです。
コトコト煮込まれた大ぶりのやわらかい牛肉に、
じっくりと煮込まれた、シチューがかかっていました。
IMG0003
これ一皿でお腹いっぱいです。(うまい!)

IMG0001
アスパラは、柔らかくおいしいですが、
少し高めかな?

IMG0002
猫の箸置き?がシャレてます。

ビーフシチュー¥2,500円
アスパラサラダ¥1,000円
グラスワイン¥500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミオ カザロ

2005年9月11日(日)

埼玉では、サイボクのぶーちゃんが有名ですが、
川越にもちょっと素敵な、手作りハム&ソーセージ工房「ミオ カザロ」がありました。
妻がバスに乗っている途中、ふと目にした看板から
調べてたずねてみました。

東京方面から、R254号線を東松山方面に向かい、
R16号線を越えて、しばらくして宮元町の交差点を右折し、
ミニストップの先を右折し(看板があります)、田んぼの中の道を直進し、
一つ目の信号を左折し、Y字路を左に入ります

田んぼの中の小さい集落の中にあるお店で、
裏でぶーちゃんを育てているようです。

早速店内に入り、チーズ入りソーセージ、クラカウアー、ショルダーパストラミを購入。
(ソーセージは、噛んだときにお肉の密度が高いしっかりした感じで、おいしいです)
その後、外のちょっとした食事スペースで、ホットドッグ、プレート、ジンジャエールで早めの夕食を済ませました。
CA310006
ホットドッグ、プレートともにおいしく、満足でした。
そうそう、ジンジャエールは、ウィルキンソンというブランドの辛味の強いジンジャエールでした。
ホットドッグ ¥500円
プレート ¥1000円
ウィルキンソンジンジャエール ¥150円(食事とのセット価格)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知万博と中津川

■中津川 長多喜
愛知万博に車でいったので、のんびり1泊して帰ることにしました。宿泊した宿は、雑誌でも取り上げられたことのある古民家を移築した宿です。部屋はいずれも離れで趣があります。ロケーションは中津川の中心から、山の斜面を上がったところにあり、秋の紅葉の頃は宿からの眺めも良さそうです。
Img_0623

Img_0616

Img_0620

料理は、松茸を中心としたもので、とても美味しくいただきました。
(夕食)
Photo
(朝食)
Img_0622

お風呂は、離れにあり、外を歩いて入りに行きます。温泉ではありません。
Img_0613

建物は趣がありますが、何分古民家を移築したもので古さは否めませんが、トイレのウォシュレット化など必要なところは手を入れています。ただ、虫さんも少し出没しますので、1匹たりとも虫が嫌という方にはお勧めできません。

中津川市内の町並み(中仙道沿い)
Img_0628


長多喜
岐阜県中津川市桃山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »